シングルパパの気ままな犬日記

◎  捨ててきなさい! 







ぴょる爺さんの里親さんから新しい写真届きました。

写真はまた後日アップします。いらんてか?(笑)


ぴょる爺さんはフィラリア症の為に心肥大。

心肥大は治療ができないので一生つきあっていかないといけないものです。なので薬をずっと飲み続けないといけないようです。

しかも、状態観察を行うために毎月定期的にエコー検査も受けているようです。

そういう状況におかれているにも関わらず里親さんはぴょる爺さんを愛してくれていらっしゃいます。

ほんと良い里親さんに出会えたもんだと思っております。

捨てる人がいればこうやってケアしてくれる人もいます。

まだまだ世の中捨てたもんじゃないですね。

さて、

「捨ててきなさい!」と子供が拾ってきた動物を捨てるように言う親が多いですよね。

その言葉ってさ、命を蔑視しているものでしょうか?

命(動物)を捨てる親(保健所へ安易に処分に出す人や捨てる人を指してる)と「捨ててきなさい!」という親って同じですか?

違うよね。

ある方の日記に書いてありました。同列に並べてたんで違和感。コメントしようと思ったけどやめました。

「捨ててきなさい」という言葉の中には安易に拾って面倒もみきれないようなものはすなわち命をもてあそび、果ては命を捨てる結果になるのでそれを未然に防いでるんじゃないのかと思う。

中には最後まできっちり面倒をみる子もいるとは思うけど親の協力なしではそれはなりたたない。

それができない親は自分で面倒みきれないことを前提に「捨ててきなさい!」と言うのではないのでしょうか?

「捨ててきなさい!」の言葉の中には命の重さとそれに対する責任をすごく感じます。

大人になって思い起こせば幼いころに拾った子犬を元の場所に戻してきたりといろいろ経験したことが今になって理解できるようになりました。

川でおぼれて死に掛けていたハトを拾った時は親と一緒に看病して自然にかえしたこともあります。

違いがわかりますか?

拾ったかぎりはその人に責任があります。次の人(里親さん)へバトンタッチする選択肢を視野にいれながらももしそうならなければ自分が最後まで面倒をみきることができなければしてはいけないことだと思います。

そういう意味では拾った動物を捨てるという行為も命の重みを知るための良い経験だと思います。

20070429072129.jpg




もし、息子が大きくなって捨て犬を拾ってきたらどうするかな?

「捨ててきなさい!」

その時の状況にもよるんだと思うけど・・・

言えないんだろうな(汗)

矛盾しちゃってるけどぼくはそういう人間です。

けどアニマルホーダーにはなりたくないのでちゃんと息子と話して保護はするけど新たな里親さん探しをしてるんだと思います。

そんな感じかな。

---------------------------------------------------------------

里親募集中

「犬の十戒」FLASH

「わんの物語」 

犬のおまわりさん


 
関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

「捨ててきなさい」は、イコール「元の場所に返してらっしゃい」ですよね。
命というものを学ぶには、ある意味みんなが通って来る道ですね。
というか、今の時代は大人こそが問題か。。。

2007/09/05(水) |URL|かもねぎ [edit]

「捨ててきなさい」…微妙です(汗)
確かに一生の命…生活を共に送る→世話をする→面倒が見られなくなった→里親を探してる→里親が見付からないから捨てる(もしくは保健所に連れて行く)無理・無理!!S&Rママ・パパ無理~~~~

やっぱり始めなのかな~
なんだか凄い問題!!大問題です(汗)

家は子供が居ないからそんな心配した事ないけど~拾って来たらどうする…って行っても拾って来るのはS&Rママの方が確率的に多い(汗)

S&R家は神様じゃ無いので全ての動物を救いたくても救えない…そう思う様にしてる(汗)

何だか意味の分からないコメントになっちゃいました~

2007/09/06(木) |URL|S&R [edit]

野良の子猫を最近保護した私の家では、なかなかタイムリーな話題ですね(笑)
まぁ~~~~~ったく飼う気はなかったのですが、ようちんさんからの頼まれ物だったのですが、いつの間にかもう手放す気もなく。。。( ̄▽ ̄)
かといって、子供がしょっちゅう拾ってきたらどうしようって思ってみたり。。。σ( ̄∇ ̄;)
その思想がいいとか悪いとかではなく、自分の家庭が出来るか出来ないかだと思います。
ちなみにコテツめっちゃ犬っぽく育ってます。MOMO母さんのお陰で(*⌒―⌒*)

2007/09/06(木) |URL|MOMOママ [edit]

私経験あるんだ・・・
自分がいくつだったか覚えてないんだけど、大阪に住んでた時だから、まだ
幼稚園にも行ってなかったころのことまだ眼もあいてない子、拾ってきて親に怒られた。
今でも覚えてるってことは、かなりの
ショックだったんだと思う。
結局私が高校卒業するまでは、
我が家で犬猫は飼ってもらえなかった
責任が持てる年頃、大事だと思う
命だものね

2007/09/07(金) |URL|kame [edit]

むむ。
最初の方が仰っているように・・・
>「捨ててきなさい」は、イコール「元の場所に返してらっしゃい」ですよね。
・・・なのかも知れませんね。

私も小さかった頃、よくネコを拾ってきました。家族が動物好きだったのと、その時の状況のタイミングが良かったのか、大体、何匹かはすんなりOKでした。
でも、そうそう、どこのお家でもそんな事はないと思います。「生き物」にどう向かうかを親御さんが自らしっかり確認しつつ子供にも説明してあげるべきなんでしょうね(例え、その時は分からなくて泣き叫んでも・・・!)。
途中で放棄は絶対に駄目ですね。

2007/09/10(月) |URL|billmon [edit]

難しい問題

里親を世話するなんてなかなかできることではないけど捨ててきなさいはちょっと・・・
それにしてもぴょるじいさんはいい人にもらわれてよかったですね。
買ったら最後まで面倒をみてほしいです。これは切実に思っていることですが実際には費用もかかるし問題いっぱいですね。
ぴょるじいさんガンバレ・・・

2007/09/12(水) |URL|さくら [edit]

ご無沙汰しておりますm(__)m
入院中は温かいコメントをいただき、大変感謝しております(*^_^*)
退院し、ブログ再開しましたので、また宜しくお願いします!!

それにしても感慨深いお話で、会社なのに考え込んでしまいました。
私は幼少の頃、よくネコを拾ってきては、母に反対され(マンションなので)こそこそ友達とご飯をあげたりしていました。
今はペット可な家に引っ越してきて…もし子供がいたとして…拾ってきたら…
私もOKしsて里親を探すと思います。
「捨ててきなさい!」 なんて言えないです(>_<)


2007/09/14(金) |URL|ローランママ [edit]

おひさしぶりですぅ。
MOMOママの所のコテツ・・。の事もあり
しんみり読ませていただきました。
家ではどうしても保護する事ができなくてMOMOママにお願いしました。
これってどうなんだろう??
コテツは今とっても幸せそうにしています。それを見るとMOMOママに感謝です。あたしはどうかな?捨ててきなさい・・。は言えないかも・・。
でも・・。状況しだいかも。ですね。

2007/09/16(日) |URL|ようちん [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://kimamanainu.blog53.fc2.com/tb.php/81-09d0e995


back to TOP