シングルパパの気ままな犬日記

◎  テント泊装備などの重いザックを背負って長時間の登山 








ぽちっと応援よろしくお願いします!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ


今までそんなに何度もテント泊装備を担いで山登りしてないのでまだまだ慣れていないということもあるのかもしれないしザックが体にフィットしていないのかも知れませんが…

前回の涸沢カールまでの1泊2日のテント泊で肩と骨盤が痛くて最後はほんと嫌んなりましたね。

待望の涸沢だったので一眼レフカメラと交換レンズ2本ほかもろもろ撮影機材も担いでたので重量は約21kg。はじめて担ぐ重量でザックもはじめてのBDのミッション75。歩きはじめからはまるで重さを感じないぐらい快適な背負い心地で良いなと思ったんだけど横尾に到着するあたりでまぁまぁ肩が痛くなってきました。

キャプチャ13

横尾で装備整えるついでに休憩をとったのである程度回復はしたのでザックのベルトを調整して痛みを感じないようにしてなんとか涸沢まで無事に到着しましたが、二日目の上高地までの下りは肩も骨盤も痛いし足も痛くなるしでたいがいでしたね。

足に関しては秋の2泊3日の白馬岳周回の時に痛くなって以来ですがやはり靴が足にまだ馴染んでないと思うことにします。いや、そうじゃないだろうけど(汗)

ザックに関しては初めて背負ったザックだったのでフィットしていないんだろうか…白馬岳周回の時はドイターの55Lのザックで骨盤が痛くなるし普通に歩く分には問題ないけど足上げがしにくくて駄目だなということでBDのエレメント60に買い換えました。その後、五竜~唐松縦走と燕岳ではまったく問題なかった。重量は15~17kgだったと記憶してる。

初めてテント泊装備担いで歩いた上高地からの蝶ヶ岳はノースのテラ65を担いだんですがちょっと肩が痛いなというぐらいで順調でした。この時ははじめてのテント泊だったのでこんなもんかな?ぐらいの感じでしたが…

結局のところこの肩と腰に食い込んで痛くなるのというのはザックがフィットしているいないの問題なのかただの慣れなのかということなんですよね。

燕岳も五竜も行程は大したことのない距離と行動時間だったのでエレメント60がフィットしてたので問題なかったのかどうかもよくわからない。前回のミッション75を背負っての涸沢は20kg越えの重量だったから痛くなったのかなとか思うとよくわかんない。

悩みます。

テント泊装備を担いでの登山は体力的にはなんら問題ないのでほんと痛くさえならなければな…

と言うわけで今週末は相棒のSさんと蝶ヶ岳~常念岳に行くので極力荷物を減らして苦のない登山にしようと思ってエピック45でUL装備と思ってます。

キャプチャ12

なかなか山に入れないのでできるだけ快適に過ごしたいなと思うので結果的にこうなっちゃいました。シュラフを夏用にして重量と嵩を減らしてなんとか10kgですね。

うーむ、なんか違う方向かもな。

  

料理ブログ

子育てパパ日記 シングルパパ育児日記


ぽちっと応援よろしくお願いします!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

こんばんは!
痛みが出るのはイヤですね(>_<)
重いザックでしんどいって事はあっても
肩・骨盤やその他痛みが出るってことは今までないわ。

重たくてもザックを背負って数分は重たさが感じるけど
10分も歩けば重さがあまり気にならないな~

僕はウェストベルトは結構キツメにしていますが
それでも骨盤が痛いという事はないです。
ザックが合ってないんだろうか・・・ 

ウェストベルトしめて骨盤が痛くなるのは
致命傷ですよね。腰で担げなくなるので。
それでウェストベルトを緩めて肩に負担着ているんじゃ
ないでしょうか?

いい方法があるよ!




ザック・・・ 買い直しなさい(笑





2015/05/18(月) |URL|登山 好人 [edit]

~_~;
BDのザックは使った事が無いから確証は無いけどザック好きとして思い当たるところを何点か挙げるね!

そもそも論でトルソーサイズは合ってる?
カタログからだと、このザックはショルダー固定でヒップベルトのみ稼働って事だけど、Sで40〜47cm、Mで45〜52cmとなってるので稼働するとは言え背面長自体の調整は出来ないのに幅が7cmと大きいから、なかなかピッタリは合わないかもね。
例えば僕のトルソーは47cmだから、イメージ的にはMサイズかなぁってなるけど、長さ調整が出来ないのでSを選びます。
理由は長さは同じでも胸板の厚い外人をモデルに作られてるザックだから小さい方を選ぶ。

後はアルミのステーを自分が思ってる以上に曲げる!

特に大きい目を選んでしまってる場合は曲げは大きい方が楽に腰に乗るよ!

2015/05/19(火) |URL|bp-hiro [edit]

登山好人さん

重さに関してはさすがに20kgはしんどかったけど体力的には特に問題ないなという感じでしたが痛いのはほんと駄目ですね。

やっぱりフィットしていない可能性が高いのかな?

ザックね…75Lは次の雪のシーズンまで必要ないからマジ考えますわ。

2015/05/19(火) |URL|あるパパ [edit]

bp-hiro さん

詳しく解説ありがとうございます。

実はhiroさんの旧ブログのザックの記事をけっこう読んでヒントないかなと勉強してたとこです。
サイズ合ってないのかもですね。
その前に…そういやステーは曲げるの忘れてました…論外ですね(汗)
アドバイスどおりに大きく曲げてみます。

あと、エレメント60との大きな差で担ぎ比べて感じたのはヒップベルトの構造がそもそも全然違うということでした。エレメント60はパッドも十分にあって硬すぎず柔らかすぎずでフィット感も骨盤全体を包みこむようになってるのですがミッション75のヒップベルトは上向きになってて腰で担ぐようには作ってない気がしてきました。取り外し可能なので作りが簡易的なんですよね。パッドもほとんどないし。比べるとやっぱりBDのアッセントシリーズはバックパッキングには不向きですね。今更だけど良い勉強になりました。

あぁ、買い替えないといけないのかな…

とりあえずしばらくというか75Lの大型ザックは使う予定がないので色々とほかのザックも担いでみて検討してみます。

2015/05/19(火) |URL|あるパパ [edit]

ザックって難しいですよね。
パッキングの仕方で、同じ重さでも重く感じたり
ザックが違うと、同じ重さでも全く担ぎ感、重さの感じ方が違うし。。。
長時間担ぐと骨盤が痛くなったり、ショルダーが食い込んだりと(^^;;
私の場合は、今はアークの紫の70Lがお気に入り(*^o^*)
20kg超えても、安定してるし何時間歩いても骨盤もショルダーも痛くならないので
夏の18kgまでならグレゴリーの緑のザックみたいな。。。感じで自分の中で担ぐザックが決まってきますね。
でもどのザックも最初にショルダーの位置や背面の長さとか細かく調整して初めて快適に担げるので、ザックは自分に会うまで大変ですよね。

2015/05/19(火) |URL|えれぇこった2号 [edit]

あるパパさん

ヒップベルトが薄くて上向きになってるのは、このザックがクライミングパックで大容量でもハーネス装着した上で担げるようになってるからだよ!

要は、アルパイン(クライミング)パックは快適性はほとんど考えてない。
軽さとシンプルさ重視だから。

僕が以前使ってたマックパックのアセントクラシックと同路線だよね!
ステーの上部の曲げを強くしてザックのアッパー側を身体に引寄せてショルダーでガッチリ押えないとザックの荷重は斜め後方向に行って腰に乗る事は無いと思う。
このパックのコンセプトからだとね。

荷重が腰に(鉛直方向)乗らずにヒップベルトで引張られるように斜め後に掛かって、且つ、背面調整が合ってないからよりパック背面上部が後方に反ってショルダーも引張るから、肩や骨盤に異様な痛みとして感じるんだと思う。

この手のザックで調整出来るのは背面ステーの曲げ感覚だけだから、曲げ過ぎかなぁ!?
って感じる位曲げてパック上部が身体から逃げないようになんとか調整するしか無いと思うわ!

後は、クライミングパックと割切って肩で背負うものとして使うかだろうね(~_~;)

2015/05/19(火) |URL|bp-hiro [edit]

えれぇこった2号 さん

日帰りの軽いザックだったらそこまで入念なフィッティングも不要だけど…
やっぱテント泊装備の重いザックはきっちりフィッティングさせないとダメですね。
たぶん、BDのエレメント60は問題ないんだと思いますが75Lの方はhiroさんのアドバイスどおり工夫して使えるようにできればなと思ってます。
骨盤は特に平坦な登山道なら良いんですがちょっとでも岩場の要素があるような場所だと足あげが苦痛でどうしてもベルトを外したり緩めたりしちゃうこともあるのでほんと難しいですよね。

2015/05/19(火) |URL|あるパパ [edit]

bp-hiro さん

ありがとうございます。

やはりクライミングに特化したザックなので快適性は考えてないんですね(汗)
このアッセントシリーズのザックを購入した理由はシンプルで軽量で厳冬期のアルパインまで想定して購入しました。
アルパインまでいかなくてもハーネス装着しての山行はありえるだろうということで…
ま、結果的にこの冬はどこにも行けなかったんですけどね。

とにかくアドバイスどおりにパック上部を思いっきり曲げてできるだけ体から逃げないように調整して来シーズン雪山で背負って歩けるようにしたいと思います。こういう高いでかいザックをそうそう買い替えるわけにもいかないですしね…

2015/05/19(火) |URL|あるパパ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://kimamanainu.blog53.fc2.com/tb.php/746-3613d6c2


back to TOP