シングルパパの気ままな犬日記

◎  残雪の大普賢岳  








ぽちっと応援よろしくお願いします!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ


3月8日土曜日は相棒のS姉さんとふたりで1年前にも行った大普賢岳でした。


GPSウォッチが途中で止まってしまってたので予備で動作させてたスマホのGPSログを使ってますので軌跡はけっこうでたらめです

和佐又ヒュッテの情報で和佐又スキー場までは4WDじゃないと厳しいということでしたのですぐ下のNTT中継所まであがりそこから歩いてスキー場までの予定で現地入り。でも、現地に入ると雪はさほどでもなくNTT中継所からもう少し上がれそうな状況だったのでそろそろ車を走らせましたが気がついたらスキー場に到着しました(笑)

和佐又スキー場はガスの中…大丈夫なのか?
DSC07554.jpg

昼には晴れの予報だったのでとりあえず出発しました。
DSC07560.jpg

和佐又のコルから先の尾根は雪なし。
DSC07566.jpg

尾根を進むとところどころ積雪が残っていましたがアイゼン装着せずそのまま日本岳の登り口。
DSC07600.jpg

アイゼンつけるかどうか判断に迷いましたが先行の踏み跡はアイゼンではなく進んでみるとそのまま登れそうだったので一気に登りつめました。

日本岳に登ると青空と日差しが。これは期待できそうですね。
DSC07604.jpg

石の鼻までくるとさすがにアイゼンなしではやばそうだったので休憩がてら装備を整えました。

アイゼン、ピッケル、ハーネス装備し、ガチャ類はウェストベルトのギアラックにかけてヘルメットを被る。

S姉さんは補助ロープを出して準備万端。

小普賢岳のトラバースは踏み跡もなくそのまま直登しました。小普賢の下りからけっこう本格的で嫌らしい感じの斜面。トラバースルートに合流してからはまっすぐ歩けないのでカニ歩きでした。


DSC07627.jpg

実はこの小普賢からの下りの時、大きな地鳴りがあって近くの斜面で雪崩でも起きたようでした。でも、実際には雪崩を見たことないのであれが本当に雪崩だったのかはわかりませんが…

若干の不安を抱えながら大普賢へ…
P3081132.jpg

6名ぐらいの先行集団(どこかの山岳会でしょうか?)が装備を整えてらっしゃるのを追い越して先へ登って行きます。

雪質もあまり良くはなくてアイゼンが効かないような状況もありつつ…せっかく来たんだし…ピークから下山してくるハイカーも数組すれ違ったし…危険なら声かけてくれるんじゃね?とか思いつつ…

なんとか大普賢岳ピークへ!
DSC07633.jpg

昨年は前日に降雪もあり雪質も安定していたのですんなり登れましたがこの日は駄目でしたね。

難易度は格段に上がってたので登頂の達成感は半端なかったです。
DSC07636.jpg

だけど…登山は無事に下山するのが最大の目的。

そう。

日が昇って気温が上がってくると雪の状態が悪化するのなんてわかってた筈…

こっから悪戦苦闘しながらなんとか無事下山。

いや、ほんと無事に下山できたから良かったんですがずるずるの雪質に変わることなんてほんとわかっていたのになんで登ったんだろと猛反省。

いよいよ駄目なら補助ロープで確保すればええやんぐらいに考えてました。

いや、いよいよ駄目じゃなくてもっとちゃんと安全確保をしっかりしながらじゃないと駄目やん。

でしたね。

ほんと反省。

いけいけで登っちゃいけないですね…

無事小普賢も越えて石の鼻で小休止。
DSC_2067.jpg

この後、雪もないような普通の場所でまさかのS姉さん転落事故!!

いや、マジ焦りました。

あかん (;´Д`)ハァハァ!!

振り返ると姉さんが!!

何故か斜面に向かってダイブ!

空中で回転しながら転げ落ちていきました…

え?!マジ?

これ死んだわ。

と、思ったら3mほど下の木にぶつかって停止。

木があるところで体の向きがうつ伏せ状態になってたのでうまいぐあいにお腹の部分で木に引っかかったと言えば良いですかね。あれに引っかかってなかったらそのまま落ちてるとこでした。

幸いなことにヘルメットも被っていたし肘の軽い捻挫程度で済んだようです。

本人に後で確認するとつまずいて転びそうになったのでそばにあった木を掴もうとしたら掴めなくてそのまま落ちたそうです。緊張しっぱなしピークハントだったのが休憩もして危なくない場所に戻ってきたという安心感で気が抜けたんでしょうね。

いやはや、ほんとにほんとに無事でなによりでした(汗)

アクションカムで撮影してましたので大普賢の一番危なかったトラバース載せておきます。



あぁ、今回はいっぱい怒られるだろうな…


料理ブログ

子育てパパ日記 シングルパパ育児日記


ぽちっと応援よろしくお願いします!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

まずは無事に下山出来て良かった!
S姉さんのお怪我されずに・・・
夏の大普賢は普通の山と聞きますが冬季は
レベルがグンとあがりますね。

先月の稲村で2回もぷち滑落(うち1回は背中から)
それ以降ロープワークも教えてもらい今後はトラバースは
積極的に面倒がらずにロープを出そうと思いましたね。

緊張が伝わるいい動画でした!
6:49すべて拝見しました。
最後のやっぱダブルソックスやでぇ~までね(^_^)v

2015/03/09(月) |URL|登山 好人 [edit]

大普賢、お疲れ様です。
S姉さん、無事で何よりです!!!
油断は禁物ですね。
冬の大普賢はかなりデンジャーですね。
動画拝見しましたが、やっぱ冬はすごい斜面ですね。

最近天気があまりだったので
山いかない日が続いてるのですが、
こういう幻想的な景色が見えるんですね!

2015/03/10(火) |URL|涼 [edit]

ドナドナ~♪

登山好人さん、涼さんハジメマシテです。

お陰様で、あれだけ落ちたのに、肘以外はピンシャンしてるSです(*≧∪≦)

荷物下ろすまで気を抜いてはいけないということを痛感した今回でした(*>艸<)
まぁ、何より、あの雪崩れ(に違いない!)の地鳴り・・・しかも二回・・・生きた心地しませんでしたわ(^^;
60mザイルとビーコンがあるのに、なぜ持って行かなかったかのか・・・道中ずっと後悔してましたの・・・_| ̄|〇
所謂、おマヌケさんです(*>艸<)きゃっ

暫く、マルチピッチのトレができなくなって師匠にどやされましたがw足は元気なので、とりあえずそっちでトレします♪
アフォなコですが、生温かく見守ってやってくださいませ(●´∪`)

2015/03/10(火) |URL|S姉@tacacola [edit]

足場

大普賢は足場が不安定そうですね~。
大峰の冬場は度々事故の報告があって
改めて怖い場所だなあと感じます。
雪も多いので道がわかりにくい印象です。
雪の綱渡りみたいな感じかな・・・。

2015/03/11(水) |URL|Ikajyu [edit]

s姉さん大きな怪我も無くてよかったですね。
ちょっとした気の緩みで引っ掛けたりしますからね…………
クライミングの事故もニアミスが多いので、我々もですが気を付けないといけませんね(´・_・`)

動画もナイスでした(^_^)v

2015/03/12(木) |URL|bp-hiro [edit]

登山好人さん

ほんとうに無事でなによりでした。
S姉さんも大した怪我じゃなくてほんと良かったです。
大普賢岳は夏場はアスレチックな感じですが難易度が高いわけではないのでどうってことない山ですが積雪期はがらっと変わりますね。
トラバースもそうですがやはり危険な場所では積極的にロープを使うべきですよね。
動画伝わってます?

ダブルソックスとか言ってねーしww

2015/03/12(木) |URL|あるパパ [edit]

涼さん

ありがとうございます。
S姉さんも大した怪我じゃなくてほんと良かったです。
ひとが、しかも知り合いが転げ落ちていくのを見るのって怖いですね。怖いというかなんというか…ほんと油断大敵。あんなもの凄いデンジャーゾーンを往復してきたのになんでこんなとこで落ちるねん!て感じですね。
動画ね、実際は動画で観るよりもっとやばいんすよね。
でも、改めてようあんなとこ行ったなと自分でも思います(汗

最近、お天気変ですよね。
小普賢までなら危険箇所も少ないので行ってみてくださいね。
すかっと晴れてないガスの大峰も良いもんですよね。

2015/03/12(木) |URL|あるパパ [edit]

S姉さん

だいたい何かしらやらかしはりますね。

いや、まぁ、なんでしょう…

ほんまに大きな怪我せず無事でなによりです。

2015/03/12(木) |URL|あるパパ [edit]

Ikajyuさん

この残雪だとどこも足場は悪いでしょうね。
大峰は特に人気も少ないので道迷いの可能性が非常に高いでしょうね。
大普賢にかぎらずトレースがなければルート探せないようではやはり雪山は危険だと思いますのでそういう意味ではGPSや地形図(これも積雪状況でわかりにくいけど)で確認しながらしっかり歩かないとですね。
今シーズンは比良も遭難相次いでますし気を引き締めないとですね。

2015/03/12(木) |URL|あるパパ [edit]

bp-hiroさん

ありがとうございます。
ほんと大した怪我なく無事でなによりです。
下山の方が事故が多いと言うのもこういう気の緩みとかもあるんでしょうね。
ほんとに、なんでこんなとこで?!という場所でした。
どんな簡単な山でも足を踏み外せば大怪我するようなとこはたくさんありますので気を引き締めないといけないですね。

動画…テスト撮影のつもりでしたがとんでもなかったですね。
後から冷静になって見返すとほんと危ないですね(汗

2015/03/12(木) |URL|あるパパ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://kimamanainu.blog53.fc2.com/tb.php/729-2b9c2bd5


back to TOP