シングルパパの気ままな犬日記

◎  金剛山 ツツジオ谷 







ぽちっと応援よろしくお願いします!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ


どうも、父ちゃんです。

7月6日土曜日は金剛山に弾丸トレッキングでした。

13時半から息子の学校でサッカーの練習試合があったのでさっとぱっと登ってきました。

8:57登山口-車止め-9:18腰折滝-ツツジオ谷コース-10:30山頂広場(休憩&軽食)-10:50千早本道-11:30登山口

キャプチャ

今回は地図に乗ってるタカハタルートを予定していましたが…間違ってツツジオ谷へ行ってしまいました。地図はその都度きちんと確認しないといけないですね。反省。



腰折滝を上がって左がタカハタコースで右がツツジオ谷コースです。タカハタに行く予定が先行のおじいさんについていってしまいここを間違ってツツジオ谷へ行ってしまいました。渡渉が何度もあり踏み跡もいくつもの分岐になって迷いやすいです。マーキングもあまりないので道迷いには要注意。ロープ場がけっこう多く滑落の危険度も高いと思われます。また、ツツジオ谷コースは山と高原地図にはないバリエーションルートなので初心者の方はくれぐれも迷いこまないように。←初心者ですけどね。

登山口を千早本道とは反対の左側を登って行くと車止めのゲートが出てきてまっすぐ越えて行くと黒栂やカトラ谷へ向かいます。そのゲート手前を右に入ってすぐに沢にをまたぐ小さな橋がありその手前に右へ入る道があります。そこを入るとタカハタへの道です。

最初はすごく細い道が続きますので注意して歩きましょう。

DSC00677.jpg


ほどなくすると道が開けてきます。

DSC00680.jpg


沢沿いを何度も渡渉しながらのルートが続いて腰折滝を越えた所に木の小さな橋がありそこを進むと今回間違った地図にないツツジオ谷ルートです。左に進むとタカハタルートですね。

DSC00687.jpg

結局道間違いでツツジオ谷へ入ってしまいましたが…沢沿いを歩くコースだったので涼しかったです。涼しいと言ってもかなり暑くて汗だくでしたけどね。風もかなり強かったです。ツツジオ谷はアップダウンがけっこうあってかなりきついかなという印象。ここ数回は六甲山系に行ってたせいかもしれないのですが…登ってる感想としては坊村からの武奈ヶ岳の登り始めや行者還トンネルからの八経ヶ岳の急登と同じぐらいのきつさを感じました。ただ、先行のおじいさんを途中で追い抜いてからは誰とも遭遇せず大自然の中の山歩きを独り占めって感じでとても気持ちの良いお山歩になりました。途中、リスが出てきて前を案内してくれたのが印象的でした。

DSC00695.jpg

DSC00727.jpg

DSC00705.jpg

DSC00715_20130708072948.jpg


DSC00739.jpg

山頂広場まで1時間半で登りきった後は…軽く食事してからダッシュで千早本道を駆け下りました(笑)

そして無事にサッカーの試合に間に合いましたとさ。

6370_1964196740_198large.jpg


料理ブログ

子育てパパ日記 シングルパパ育児日記


ぽちっと応援よろしくお願いします!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ



関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

金剛山は始めは千早本道しか知りませんで、実際この登山道でしか登ったことがありませんでしたが。多々、金剛山の記事を読んでいてこんなに多種にわたって登山道があるとは知りませんでしたね。これはいろいろ試してみたいという気持ちになりました。
渡渉が多いのが難点ですね・・・
まずは地図に載っているところから初めてみます。

2013/07/18(木) |URL|ikajyu [edit]

ikajyuさんへ

金剛山のメインの登山ルートは本来二本です。千早本道とロープウェイバス停からの念仏坂です。ほかのルートは基本は入ってはいけないけど、なんとなく許されてる登山道ということでしょうかね?地図に載ってはいますが不用意に入って山主さんともめるケースも多発していると聞いてます。なのでというわけでもありませんけど上の二つのルート以外は基本、道標などないのでルートファインディングに自信がないひとはひとりで入るのはお勧めしませんよ。あ、そうそう、渡渉と書きましたが大袈裟な表現かもですね。沢というほどのこともなきくてずぼっとはまったとしてもハイカットブーツならほとんど問題ない程度のものですよ。但し、防水じゃないと厳しいですけどね。

2013/07/22(月) |URL|あるパパ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://kimamanainu.blog53.fc2.com/tb.php/595-93424b7b


back to TOP