シングルパパの気ままな犬日記

◎  パルボウィルス感染症でした。 








人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ

バルボウィルス→http://www.eepet.com/dogs/palbo.html


いくら悔やんでも悔やみきれない。

IMG_2410.jpg


まさかうちのあーちゃんがパルボウィスル感染症にかかるだなんて…

2年前にちょいと入れ知恵されて犬の混合ワクチンは獣医が金儲けのために毎年接種させてるんだということを信じてしまった自分の馬鹿さ加減が悔やまれて仕方がない。この秋には混合ワクチンの接種をしないといけないと考えていただけに悔やんでも悔やみきれない。

フィラリア症で苦しんだ保護犬ピョルくんの経験が生かしきれてない自分が本当に許せない。

何故うちの子がこの病気にかかってしまったんだろう。

少しワクチンのことをネットで検索したら毎年ワクチンを接種することが危険だと警鐘をならしているサイトが多い。ましてや外国の情報では3年ごとの接種が良いとか書いていたりもする。

毎年ワクチンを接種することによる体への負担はあります。肝臓を悪くしたりそれはそれでリスクもあるんだろう。しかし、しっかりとワクチン接種することにより死に至る病気を防ぐという最大のメリットを捨てているということももきちんと認識しないといけない

住んでいる環境にもよるとはよく聞く話。

獣医さんもかからない地域はまったく発症しない病気です。と説明してくれた。

この地域でも発症は1例だけで自分が診た子も一匹だけだという。


しかし、実際に発症した。

ぼくの大好きな大事な愛するあーちゃんが。

涙なんか出なかった。ただ、意味がわからずボー然とするだけだった。

毒性が弱ければ数日でけろっとよくなる子もいますよ。とは言ってくれました。




でも、彼の体力次第ですね。ここ1週間くらいで結果が出ます。


最後はもがき苦しんで死ぬ可能性もあります。

彼の体力に期待しましょうね。


と、だけ言われました。


治る可能性がありますとは一言も言ってくれなかった。

先生の言葉の中には死ぬのを覚悟した上で奇跡的に回復するのを期待しましょうねという意味しかなかったように思う。


待合においてた本をに載っていた「屋外用の広い屋根付きケージ」を車をよその駐車場に置いてでも設置してあげようかな?なんて思っていたんです。

・・・

あーちゃんを抱きしめる動物病院の助手さんの目がうっすら涙目になっていたな…あーちゃんが仔犬のころから診ていた助手さんなんで想いも深いんでしょうかね。

・・・


どうか体力がもって無事に病気に打ち勝ってください。


子育てパパ日記 シングルパパ育児日記

つぶやきはこちらで
 ↓ ↓ ↓
http://twitter.com/r_papa

ぽちっと応援よろしくお願いします!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ



関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

あーちゃん頑張れ!!

あるパパさんが頑張っている中でこういったコメントをすることをお許し下さい。
“現場”で働いていた者からするとネットの情報は怖いと思います。私もワクチン接種反対派のページを見たことがありますが、あれらの殆どはネットの情報から素人が書いたものだろうと感じます。
私は、パルボに感染した犬を何頭も見ています。便の臭いでパルボにかかっているのをわかる位です。
嘔吐・血便しガリガリになって苦しむ子を見たらとてもじゃないけど書けないです。
例として、ペットショップにいる子は全国の色々な所から来ます。
どんなウィルスを持っているかわかりません。
パルボの怖い所は、感染した犬だけの問題にとどまらない事です。パルボにかかった場合、治ってもしばらくウィルスを排出します(キャリア)。治ったからと散歩を色々な場所に連れて行ったりすればあちこちにウィルスをばら撒いているのと同じなのです。
ショップでパルボになって治って、それを知らないお客さんがその子を買い散歩に行けば今までパルボのウィルスがなかった地域にウィルスがまかれるのです。
実際、私も1頭が出たら次々に感染していった所も見ています。
消毒は徹底してください。
手に入りやすいものでいえばハイター(次亜塩素酸ナトリウムのもの)です。
5%に希釈してケージやあーちゃんのいる室内を掃除してあげてください。
ビルコン(ネットで手に入ります)も効きます。
アルコールは効きません。
これらで100%消毒できるわけではありませんがしないよりはマシです。
本当に怖いウィルスです。
もうご存じかとは思いますがパルボに有効な薬はありません。
インターフェロン(インターキャット)を打ち、あとは犬次第。
食事も無理にあげると嘔吐して体力を使うだけなので点滴が有効かと思います。
あーちゃんは大人ですし子犬より体力はあると思います。
子犬の場合致死率は高いですがそれでも早急に処置すれば助かる子犬もいます。
大丈夫、あーちゃんは助かります。信じてあげて下さい。
あーちゃんがんばれ!

2010/10/28(木) |URL|ARK [edit]

あーちゃんの生命力を信じて・・・。
ご心配でしょうが、ちゃんとゴハンたべて、ゆっくり休んでね。

2010/10/28(木) |URL|tommy [edit]

ラブ男さんが気になって・・
ブログのぞきにきました!!

子犬だと危なくても、ラブ男さんは、成犬で体力も比較的あります!!諦めたらダメですよ!!

頑張れ!ラブ男さん!!

あるパパ!!頑張れ!!

知人の愛犬も感染して一時とっても危なかった時がありました!
でも毎日の点滴・・消毒・・・毎日毎日頑張って元気になりましたよ!

絶対諦めたらいけませんよ!!








2010/10/28(木) |URL|ジョナママ [edit]

ARKさんへ

コメントありがとうございます。

消毒に注意をして一日でも早く完治できるよう努力しますです。獣医さんからもパルボの感染力の強さを重々注意されましたです。おかげさまで以降の日記で書いたように順調に回復してきております。ほんとありがとうございました!

2010/10/30(土) |URL|あるパパ [edit]

tommyさんへ

ありがとうございます。

正直発症した日は途方にくれて食事ものどを通らずでした。でも、奇跡的にか生命力の強さなのか徐々に回復してきております。ほんとありがとうございます。

2010/10/30(土) |URL|あるパパ [edit]

ジョナママさんへ

ありがとうございます。

絶対に諦めちゃいけないというお言葉ありがたく頂戴しました。奇跡的な回復力をみせているのもみなさんの応援のおかげと感謝しております。

ほんとうにありがとうございます。

2010/10/30(土) |URL|あるパパ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://kimamanainu.blog53.fc2.com/tb.php/336-99f229b4


back to TOP