シングルパパの気ままな犬日記

◎  スポンサーサイト 







上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  大阪府和泉市繁殖場のブルセラ症感染犬処分 







ずっとずっと書いては消し書いては消しを繰り返してました。

けど毎日もやもやしてるんで一度だけ書いてみます。

日々変わるブルセラ感染犬をとりまく状況。もうそこには犬のことなどないかのような人と人の戦いしか見えてこないのが残念です。

レスキューしようとしている動物愛護団体については、あなたの家の犬も殺されます!等など…なぜそんなに不安を煽ってるのかがわからない。もっと冷静にことにあたって欲しいものです。

ブルセラ症感染犬のことが話題になってすぐにかかりつけの獣医さんに話を聞きました。一般的な家庭犬においては感染する危険性はほとんどない。主に繁殖場における劣悪な環境下で集団発生する事例はあるけど発生したからとて怖がる必要なないとの事でした。

和歌山の動物愛護団体ワンライフが大阪和泉市の繁殖場から犬たちをレスキューしようと行動を開始。すぐに大阪府によるブルセラ症の検査が実施されました。

そして出された苦汁の決断が陽性犬の処分。

大阪府の対応が全て良しとは思わないまでも苦渋の決断であることは間違いないでしょう。誰だって尊い命をむやみに消そうなんて思わない筈。

ぼくだってできるだけ陽性犬の生きる道を探してあげたいと思う。

しかし、いくら考えても良い案なんて出てこない。いろいろなBBSで繰り広げられる議論にしてもこれだ!と納得できるものは何一つない。

ブログで意見を発信している人もいるが「助けてあげたい!」と叫んでいるものばかりが目立つ。大阪府の処分についても虐殺行為だと叫んでいる。

頭が痛い…

例えば今、ビル・ゲイツのように有り余るほどのお金があれば行政に支援金をがつんと渡して専門施設をたて行政の管理下で終生飼養してもらいブルセラ症の研究も同時に行うようにブルセラ基金でも作るのになぁと夢物語。。。

獣医師広報板に大阪府犬ブルセラ病殺処分について (2007/03/05)というのがある。

こちらを読んでみてください。

大阪府による処分に反対でも賛成でもありません。今、どっちが正しいのか判断する材料がなさ過ぎるのですよね。であれば行政にまかすしかないでしょう。行政にしてもいくら愛護団体がお金も施設もあるからブルセラ陽性犬を渡せと言われてもそれは無理な話だと思う。終生飼養するんですか?しないですよね?まして、治療して家庭犬にすると言ってるところに出せるわけがありません。100匹の陽性犬を行政が愛護団体を通じて全国にばらまいてしまう事だけは避けなければいけないでしょう。万全の管理ができるのか?できません。愛護団体がそこまでできるわけがありません。行政であったとしても一般家庭に入り込んだ陽性犬の完全な管理はできません。そこに労力をつぎ込むよりももっと身近な犬・猫の保護活動にいそしんで欲しいと思います。

ただ一つ声を高くして訴えたいのは、

まずは一日も早く陰性の犬たちを救い出してあげて欲しい!

ただ、それだけです。

その為に行政と愛護団体は互いに手を取り合って取り組んで欲しいと切に願います。

陽性犬も心の中では助けてあげてとは思ってますが…

最後に、このような事態を起こした繁殖者に厳罰を!そして今後このような事が二度と起きないような対策を立法化して欲しいと思います。

注:現在活動している団体はワンライフではありません。念のために。これ以上は書きたいけどやめときます。

---------------------------------------------------------------

「犬の十戒」FLASH
 
関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

ごめんなさい。この記事よく知らなかった。
でもいえる事は行政は行政の立場で判断したということではないでしょうか。
事が犬のことなので大きく取りざたされていますが(広島のこともあり)
もしこれが鳥インフルエンザの鶏を助けろとか言うことになったらどうしますか。
命は同じ重さのはずだけど何万羽もの鶏を処分するにはそれだけの理由がありますよね。
苦渋の決断なのです。
人間は人間に感染するとか言うときっと間違いなく殺処分を選ぶでしょう

2007/03/08(木) |URL|ゆずママ [edit]

>>ゆずママさん

この問題難しいんですよね。ブルセラ・カニスという犬ブルセラ病は人間に感染してもさほど恐い病気ではないと過去の少ない事例から出されているし犬に感染したとて流産をするなどの問題以外では特に目立って恐い病気ではないらしいです。けど、それは少ない感染事例からの結論で今回のように集団発生したものが全国にちらばり感染が拡大すればどういう結果がもたらされるのかは未知数です。わからないから余計に手出しができないと判断せざるを得ないのでしょうね。

2007/03/08(木) |URL|あるはざーど [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://kimamanainu.blog53.fc2.com/tb.php/29-0a4fa999


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。