シングルパパの気ままな犬日記

◎  アスカ永眠 







犬日記の主人公は黒いラブラドールレトリバーの♂4歳あどぅるくんと今は実家で幸せに暮らす黒いMIX犬♀たるちゃんです。

この日記に登場こそしたことはございませんが犬との生活が素晴らしいものだと教えてくれた一匹のわんちゃんがいます。

幼少のころに家にはペルという一匹のMIX犬がいました。

あまり記憶にはないんだけど相当賢く、当時(30数年以上前)のよくある風景として犬がその辺でうろうろしていたいわゆる放し飼い状態の例にもれずペロも半放し飼い状態でした。

姉ちゃんたちが学校へ行くのに使っていた電車の駅まで約15分ほどの道のりを毎日ついて行き帰ってきていました。

そんなペルが大好きでいずれ結婚して独り立ちするときは絶対に一軒家で犬を飼いたいと思っていました。

そんなぼくが今の家に住み始めて初めて迎えたのがアスカでした。

IMG_9594.jpg

シベリアンハスキーとラブラドールのF1MIXです。

迎えたというか上司(当時は直属じゃなかったけど)が飼っていた子で旅行なんかに行く時に預かっていただけなんですけどね。

大型犬で今のあどぅるくんよりも一回り大きな体格でした。

体重は35kgだったかな。

はじめて預かった時、あんまりうれしかったんで綺麗なリードとカラーも買ってしまったぐらいです。


食パンの耳が大好きでがつがつ食べていたのを今も思い出しますね。

駐車場につないでましたが戸は開けたまんまいつでもコミュニケーションできるようにしてました。

IMG_9601.jpg

とってもとっても人懐っこくはじめてうちに来た時もうれしそうにしっぽを振ってぼくと散歩したっけ。

そんなアスカの体調がおかしいと聞いたのは去年の暮。

腹水がたまって排尿困難に。

上司はいつも心配そうにしていました。

そんな上司が冗談のようにいつ死んでもおかしくないからと言ってた。

単なる上司と部下のたわいもない会話として話していたんだけど…

現実になってしまったんです。

今朝、息子が熱を出したんで休もうと思い上司に電話。

すると…

アスカ死んだって先に言われた。

先週末の土曜日に仕事が終わって家に帰るとぐったりしていたアスカが主人の帰りを待っていたかのように息を引き取ったらしい。


アスカは死ぬ前に上司を一目見たかったんだろうなって思うと涙が止まらないです。


アスカは虹の橋のたもとで上司を待っているのだろうか…



アスカにもう一度会いたかったな。。。



IMG_9606.jpg


安らかに眠ってください。


そして、ぼくと過ごしたささやかな時間も思い出してくださいね。


合掌。



いつもアスカがアスカがと口癖のように言ってた上司。

そんな上司に出会えてアスカは幸せだったんだろうね。



犬をブランド品としか見ていない馬鹿な飼い主が多い中、アスカは本当に幸せだったよね。

年老いてやっかいになったからとすぐに安楽死を選ぶ飼い主。

やんちゃで手に負えないから、躾が入らないから、大きくなったから、子供ができたから、引っ越し先では飼えないから…

そんな人間の身勝手で処分されていく犬が多い中、飼い主の腕の中で逝った彼は本当に幸せだったんだろうね。

犬の十戒flash版
http://www.geocities.jp/kandou01/k_011.htm
ワンの物語
http://www.lablovedan.net/npo/nlr/story.html
虹の橋
http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html

◎  ほったらかしもどうかと思うので久々に更新しようかと思うの巻 







あどぅるとたるの気ままな犬日記の主人公は黒いラブラドールレトリバー♂4歳のあどぅるくんと黒いMIX犬♀のたるちゃんです。

たるちゃんは実家に引き取られていっちゃいましたので今はあどぅるくんとぼくと息子の三人で仲良く楽しく暮らしております。

さて、

まったく放置プレイもいかがなものかと思いましてブログの方もぼちぼち更新しておきましょうということで書いております。

昨年12月に彼女さんが出来まして…

最近ではとてもハッピーな生活を送っております。

先日、彼女と息子と三人で天王寺動物園などへ遊びに出かけたりもしました。ほんと幸せな気持ちになりやんすね。

IMG_2570.jpg


動物園だけど…大好きな野鳥さんたちも集まってくるのでぼくとしてはパラダイスのような場所が天王寺動物園です(笑)

きょろちゃんことゴイサギさん
IMG_2572.jpg

飾り羽がとってもキュートです。

IMG_2580.jpg

あどぅるくんはというと…

IMG_2607.jpg

最近では大人しくお散歩。息子を連れてのベビカー散歩ではほんと大人しくついてきてくれます。

4歳にしてようやく脚側歩行が身についてきた感じですかね。

ま、その日の気分にもよるんでしょうがぼくの真横にぴったりくっついて頭一つ出るか出ないかぐらいの理想的なお散歩をしてくれます。

ま、リードはがっちり短くしてもってるんですけどね(笑)

匂いかぎも街中なんであんまりさせられないのが都心の犬にとっては可哀そうな話でしょうか。

幼いころにきちんとトイレの躾ができなかったせいでマーキングしちゃうからなんですけどね。

おしっこも一応許可しないとできないように散歩しています。

IMG_2605.jpg

ま、こっちがよそ見していると勝手に匂いかいでマーキングするんで躾が出来ているというか行動を拘束している感満載なところはありますが…

したがってる時はまず座らせて、ちゃんとぼくの目を見させてから「よし!」とコマンドを出しています。そういうことを繰り返していると自然と覚えるもんなんでしょうかね。

最近ではしたいと強烈に思うとあどぅるくんはふんばってぼくを止め、お座りします。そしてキラキラ光るブラウンアイでぼくを見つめます。

あんまり可愛いので負けて「よし!」とコマンド出してしまうこともありますよね。

馬鹿飼い主でしょうか(汗)

ただ、そんな行動をとった時でも「よし!」ではなく「おいで!」と言うとちゃんとこっちに来ます。

お利口さんなのかな?

ま、今のところこれで問題ないかと思っているのでそういうことにしておきましょう。


というわけで…

次回は、「パパさんまさかのスピード結婚!?」をお送りする予定です。

乞うご期待!!


 


back to TOP