シングルパパの気ままな犬日記

◎  2年ぶりの雪の大普賢岳 








ぽちっと応援よろしくお願いします!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ


3月4日の日曜日、急遽時間が空いたのでちょっと迷ったんですが和佐又ヒュッテの情報で和佐又林道もなんとかセレナでもスタッドレス履いてたらある程度上まで上がれそうだということで大普賢岳に挑戦してきました。

林道はヒュッテの情報では沢道入り口付近で駐車するのが無難かも?と思われましたがそのまま行けそうな雰囲気だったのでずんずん上がっていきました。

なんとかNTT中継所まで来て駐車。
01.jpg

中継所から上はずっとこんな感じで氷と雪があってチェーン巻けば上がれるかもしんないけど怖いのでやめました。
02.jpg

普通に4WDならなんなく走破可能なんだろうなと思いながら下から歩いてヒュッテまで行くつもりにしていたのでそれを考えると随分距離も短いので楽に上がって行きました。

登山届を出して出発。ヒュッテ前の駐車場には一台も車は無かったです。
03.jpg

キャンプ場を抜けて行きいよいよ山の中にはいります!念願の雪山!しかもふっかふかの新雪!

ノートレース!!やったねーーーーー!!
04.jpg

まったく誰の踏み跡もないところを歩くのは気持ちいいですよね。
05.jpg

よほど歩き慣れていない山域だと怖くて絶対入山できないかも…

和佐又のコルから先の尾根はそう雪も深くなくアイゼンなしのまま歩いていきましたが踏み跡はウサギさんとシカさんのものしかなかったですね。

この山の中にいるのは自分ひとりだって考えるとすごくしーんとして自然への畏敬の念を禁じ得ませんでしたがすごく楽しくもありましたね。

06.jpg

そのまま進んでいきシダンの窟方面へ。

ここからは新雪の斜面をトラバースしてく形になるので慎重に。

ウサギさんの跡をついていきます。

07.jpg

あちらこちらにつららがありました。

08.jpg

少し進んでいきましたが足元が怪しくなってきたのでアイゼン装着しピッケルを手に。

斜面の雪の状態も安定していないので様子を見ながら慎重に…

滑って落ちる危険なトラバースが続き…

ほとんど前を向いて歩けるような状況ではなくなってきました。
09.jpg 

よく言われる稲村ヶ岳の大日トラバースなんか目じゃない。

ま、積雪期大普賢岳の難易度が高いと言われる所以でしょうかね?←知ったかぶりです。

なんとか日本岳の登りまで来て半分のところまで登りかけましたが…
10.jpg


根雪が溶けかかったところに新雪が積もって雪の状態もあまり良くなくピッケルもアイゼンの前爪もいまいちがっちり掴んでくれない場所も多く…ずるっと滑って焦るシーンも出てきました。

やはりここまでの状況を考えるとこのまま上がって大普賢岳まで行けなくもないだろうけどかなりの危険が伴うのと下りれなくなる可能性は非常に高いなと判断し撤退を決断しました。

今までは山岳会でクライミング学んで、ある程度以上のスキルと装備を持った山友さんが同伴していたのでけっこう無茶に先に進んだりもできましたがソロで装備も技術もないのでこのまま進むのはまったくの無謀なバカだと思いました。

実際はシダンの窟方面へのトラバースの時点でさっさと諦めて撤退すべきだったのかな?と少しばかり反省ぎみに下山しました。

日本岳をクライムダウンするのが相当怖かったです。

ここだけの話、ほんと無事に下山できたので良かったんですけどね。

八経ヶ岳でしょうか?
11.jpg

今年1年少しは技術を習得して仲間も見つけて再度、来シーズン大普賢岳に挑戦しようと誓いました。

12.jpg


というか山に行けるかどうかもわかんないんですけどねー(´・ω・`)

下山してきても誰もいない和佐又スキー場(笑)

13.jpg
撮影機材:SONY NEX-6+SEL1650

一応ヒュッテを覗いて山の状況を伝えておこうかなと立ち寄りましたがひとの気配がなかったのでそのまま下りました。

下りてからはいつもの焼肉「馬酔木」で焼肉定食1,050円を頂いて帰りました。
14.jpg

牛肉と地鶏を半分ずつにしてと頼んだらOKだったので今回は地鶏も堪能しました。

めちゃ美味しかったです。

料理ブログ

子育てパパ日記 シングルパパ育児日記


ぽちっと応援よろしくお願いします!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ


関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

お疲れ様でした~

大普賢お疲れ様でした~
今シーズン初の雪山ではないでしょうか?
やはり2WDだとヒュッテまでは厳しいんですね。
下りれなくなるという判断、そして敗退して正解だったと思います。無理をして行ってしまうとあとで取り返しのつかないことになりかねないと思います。
日本岳のあそこは冬場はロープないと厳しい感じでしょうか?

それにしても帰りの焼肉がまた美味そうです。今度、この付近の山に行った帰り立ち寄りたいです。

2017/03/06(月) |URL|涼 [edit]

涼さん

日本岳への登りは雪質次第だと思います。過去二回大普賢まで登りましたが今回は雪の量が多く不安定だったのでロープで確保して登り下りするシチュエーションだと思いました。たぶん…アルパインクライミングのスキルが必要なのかな?わかんないのですが前までよく同行してくれてた友人がいたら間違いなくロープ出して確保して登ったと思います。
あそこであれだけ危ないと思ったので小普賢からの下りや大普賢への登りの危険度は相当なものでしょうね。
落ちたら終わりの地獄谷の通過とか考えただけでもちびりそうです。
それとトレースもないような状況だと相当慣れてないと絶対にコースロストするでしょうね。
ヤマレコ見てても危なっかしいレポがありますが感心しませんよね。ひとのこと言えないけど(汗)

吉野の焼肉「馬酔木」はほんと美味しいですよ!風呂上がりに立ち寄ったら煙で台無しになりますけど(笑)

2017/03/06(月) |URL|あるパパ [edit]

久々の山行やね~
大普賢は1回しか登ったことないけど
写真見たらどこかわかるわ。
単独の雪山は色んな意味でリスクあるね。
技術を習得し来年再チャレンジしてね(^^)/

2017/03/06(月) |URL|登山好人 [edit]

登山好人 さん

1月の金剛山以来でした。
なんとか雪山行けてほんと良かったです。
ソロの雪山はやっぱりリスク高すぎますね。
技術習得してよりリスクを減らして安全登山できるようにしたいものですね。
来年はぜひ一緒に登りに行きたいものですね。

2017/03/07(火) |URL|あるパパ [edit]

(~_~)
そうかぁ~
金剛山以来の入山かぁ~

最近は一時よく一緒に入山してた姉さんは忙しいんやねぇ!
雪山だけでは無いけどソロで登る時でもスリップ~滑落の可能性が高い時は面倒でもロープ出した方が良いよ(^^)/
正確にやろうと思えば往復するから大した距離は進めないけど実際フリーではヤバい!
って思うところだけで言い訳やからね。
手間やけど急がば回れで、恐る恐るジワジワしか進めずにジタバタするよりも結果的には安全で且つ早い事が多いから!
また、積雪状態で進むラインが多少は変わるけど幸いな事にこのルートは全体的に樹木が多く間隔が狭いから『テレインビレイ』を細かく取りながら進むのも自身のスキルアップにもなって良いと思うよ(^_-)-☆

勿論、無理しない事が第一だけどね(*_*;

来季練習兼ねて是非やってみて!

2017/03/08(水) |URL|bp-hiro [edit]

bp-hiroさん

金剛山以来ですー!
スタッドレスも新しくしたのでなんとかして雪山に行きたかったので入山できてほんと良かったです(笑)
いつも一緒に登ってた姉さんとは1年前にちょっとした事がきっかけでご縁が途絶えてしまった次第です。
「テレインビレイ」はじめて聞きました。ちょっと検索してみても解説してくれてるサイトがぱっと見た感じじゃなさそうなんですが今度山岳会でクライミング教えてもらう予定にしてるので聞いてみたいと思います。
ロープワークの書籍とかも買ってみようと思います。
オススメのものとかありますか?
おっしゃるように一般縦走やちょっとした山でも知ってると安心して通過できるロープワークとかはあるでしょうね。
だからこそ一時期ロープの結び方とか練習してたんですが…
一からもう一度やりなおして来年はソロでもう一度挑戦したいと思います!!

その前にこの一年どれだけ入山する機会が作れるかなんですけどね(笑)

2017/03/08(水) |URL|あるパパ [edit]

こんにちわ♪
大普賢岳残念でしたね!!

単独で登る雪山は、慎重すぎる位が良いですよね。
あるパパちゃんは、ちー坊ちゃんとお山に登りたいとか無いですか?

2017/03/09(木) |URL|えれぇこった2号 [edit]

あるパパさん

テレインビレイってのは樹木にロープを回してその摩擦を利用する一つのビレイ方法なんよ!

一般的な使い方はガイドが顧客をロワーダウンさせる時にビレイデバイスやカラビナ等の道具を使わずに身の回りの樹木や岩にロープを回してストッパーとして使う。

ソロの時も、やばいと感じる斜面では例えば30mロープならその長さ目一杯をスタート地点の立木にロープを固定して進む方向にある立木を上手く利用して抵抗を掛けながら30mロープ一杯伸ばしたところでロープを固定。
面倒だけどスタート地点に戻って始点の固定を解除してロープを引きながら進む時に要所要所立木で摩擦抵抗させてるから安定して進める!

まあこんな事しなくても良いように道具持ってるのが好ましいけど..........
ロープしかない時ね(~_~;)

あと、書籍に関しては沢山出ててどれが良いかは?
って言うか僕が知る限りでは書籍に記載されてる結びだとか貼り方は極当たり前の事しか書いてないから正直あんまり役に立たない。
やっぱり関係者以外非売品だと思うけど日本アルパインガイド協会の教本とかの専門書がまだましなのかなぁ!?
僕は書籍はあまり..........
実践で学ぶのが一番だから!

2017/03/10(金) |URL|bp-hiro [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://kimamanainu.blog53.fc2.com/tb.php/823-c4bbe0e7


back to TOP